女性も習える護身術

護身術を女性が習うときの護身術とは?


海外に比べると、日本は特に海外と比べ本当に安全な国ですが、それでも昔に比べると、凶悪な事件も多くなり
都会だけではなく田舎でも、その傾向が現れている現代社会では、犯罪から自分の身を守るために
護身術を学ぶ人も増えてきていますが、護身術にはどれ位の種類があって、護身術を女性が習うときに、
「何が良いのか?」
そして、女性でも使える武器はあるのか?
結局
最強の護身術とは何か?
これらのことをご説明しましょう!

護身術を女性が習うときの選択肢とは何?


護身術を女性や子供が習う初めるときに
「何が良いのか?」「どれにしようか?」
誰もが思う事ですが、護身術の種類も星の数ほど多く存在します。
有事の際に必要なのは
「危険を予知、察知感じる事ができる知識」
「実際の危険から逃げられる又は回避出来る能力、テクニック」
この二つはとても重要です。
知識としては
「不審者の見分ける能力」
「危険な場所へは行かない」
これらの身辺警護の基本的な知識を身につける、実戦する事が護身術の先ずは第一歩です。
この意識により、危機的状況を回避する確率は、大幅にダウンします。
それでも不幸にも不意に、危険な状況となってしまった又は出会した場合は、古武術や護身術の技を使ったりして
逃げるための最低限の行動が出来なければ、護身術としては駄目です。
ただ今のご時世はでは護身術と称しただけで単にその格闘技やスポーツ武道やスポーツ護身術等々、初歩的な内容やルールの中で稽古をしているだけで護身術とはほど遠い内容の教室やジムが殆どの現実です。
そして、護身術や或いは格闘技と言えば、相手を撃退するためのもの。
撃退することが護身術と教えている教室やジムも存在していますから
護身術で役に立つのは、総合格闘技・空手・柔道・ブラジリアン柔術等々、さまざまな種類の護身術や武道を挙げてネットで賑わっているのも事実です。
スポーツ武道を護身術として、相手を撃退するためには、そのスポーツ武道の指導者クラス以上の実力が必要です。そのためには、何年もの闇雲な数稽古が必要となり護身術としては不十分です。
スポーツ武道を護身術として使用するのは、実際の危険から逃げるための手段として、誰に対しても通用する技や身体が必要です。
護身用のグッズなどを利用するのも護身術の一つの方法ですが、無かった時はどうでしょうか?

護身術で女性が習う最適なものとは。


どの護身術がいいですか?
良く聞かれますが、護身術の選び方は、どの流派を選ぶよりも、どの先生を選ぶかです。
そして、次に簡単に覚えられない物です。
誰でも出来ると言う事は、誰でも対処出来ます。つまり、暴漢者も対処できる動きだと言う事になります。
簡単でないから身に付いた時の価値は計り知れません。
武器を持った人、襲ってきた人を素手で撃退できても
護身術としては駄目です。
スポーツ武道やスポーツ格闘技をしている人でも、簡単なことではありません。
たまたま勝てただけで、素手で戦ってはいけません。
絶対的に襲う人が有利なので
自分を守るためには
知識とテクニックが必要です。
スポーツ武道や格闘技で何が最強だとか護身術で何が一番役に立つなど、いろいろな意見がありますが

護身術として身に付けるならしっかり腰を据えて当道場へお越し下さい。